動物福祉は自動車用皮革産業の中心的な価値(コアバリュー)発売日:2020-03-03

 

       自動車内装の革はどこから来ましたか?ますます多くの消費者がこの問題に関心を寄せています。その答えは皮革業界によく取り上げられる話題に関わります:動物福祉。さて、動物福祉はいったいどういうことですか?

       動物福祉は複雑な話題で、さまざまな方面、観点と問題を含んでいます。5つの自由は最も動物福祉の中心的な原則を説明できます。それは自動車皮革業界の動物福祉に関するすべての行動の基礎です。実際には、自動車皮革業界はサプライヤーにこれらの原則に従って仕事をするように要求しています。これらの原則はつまり:

1.動物は直ちに淡水と飲食を獲得して十分な健康と活力を維持し、飢餓あるいは渇きを免れる自由。

2.適切な環境で、保護所と快適な休憩エリアを含めて、生活する自由。

3.予防や迅速な診断と治療を通して、痛みや、けが、病気を免れる自由。

4.十分なスペース、適切な施設で、同類と一緒に正常な行動をする自由。

5.良好な環境条件と適時な治療を確保し、恐怖と悩みを避け、精神的ダメージを免れる自由。

       (農場動物福祉委員会、1979)

       自動車用皮革の品質は銀面の欠陥に影響されます。ダニ、シラミ、糞汚染によるダメージは皮革の等級低下の主な原因です。ダニやシラミの被害を減らし、適切な居住条件を提供して牛の福祉を改善することによって、より良い品質の皮革を生産することができます。耕作、輸送、屠殺の過程で動物をより良い取り扱いをすることで、擦り傷、縫い目、傷跡を減らすことができます。適切な飼料は動物の毛の艶を改善し、皮ももっと健康になります。適切な家畜管理は皮革表面の大多数の欠陥を防ぐことができます。動物の生活が良いほど、皮革の質が高いです。

       牛の主要生産国は、過去数十年にわたって動物福祉を促進し、牛の生活条件改善を徐々に推進してきました。政府、農民、NGOは牛を殴ったり、虐待したり、苦しめたりされないように牛の飼育と、輸送に努力しています。皮革業界は常に動物福祉の確保を重要視しています。それは、人類の食生活に優良な食材を提供している動物は、良好な生活環境を享有し、尊重をされるべきだと信じているからます。


乐鱼官方